SEOに強い文字数は?長文記事ブログはオワコンなのか

Googleのジョン=ミュラー氏いわく、Googleは文字数での判断をしていない

今回は、毎日がテキスト勝負のブロガーにとって、大きな疑問の一つ、長文SEOは今でも有効なのかという話題です。

長文SEOオワコン

結論から言うと、そもそも「Googleに語数を数えるアルゴリズムは持っていない」。これはGoogle内部の人からの有名な発言である。

しかし、200文字程度の短文が上位表示される例は滅多に無いし、上位表示ページの大半は3000文字クラス以上というのが、グーグル検索を使ってきた実感である。

このあたりのことを、広告収入で自由ライフを満喫中のネルが、詳しく説明していきます。

情報の質&量を確保すると結果的に長文となってしまう

情報の質&量が多いページが外部リンクを集めるからSEO上で有利である。そういった情報の質&量を伴ったページは、500文字以下で制作するのは困難であり、どうしても数千文字、場合によっては1万文字に達してしまうというのが現実である。

ライター発注のような文字数をノルマとした記事制作でも、この本質と結果的には方向性が近くなり、SEOで勝てるケースが出てくる。

情報力を背景とした外部リンク獲得、そして共起語などのページ内要因が評価のコアとなっているはず。単純に文字数のみを目的としてしまうと方向性を間違えやすく、検索上位獲得の効率は悪くなるだろう。

短文で上位獲得できているページを分析してみる

狙いたいキーワードでGoogle検索をしてみて、上位10ページの文字数を調べていく。その結果、すべてが長文であったというのは、よくある話である。しかし、これは相関関係であって因果関係ではない

短文上位表示を実現しているページは、「実際にできる系」

単純に長文が効く印象はあるものの、逆に短文で上位表示されているページはどういったものがあるか。

(検索キーワード例)
予約 バーベキュー
文字数カウント
計算 dpi
タイピング練習

「計算、予約、ゲーム」などをベースとした検索結果では、情報量よりも、実際に何かができるというページが上位表示されている。ブログSEOで巷で言われる長文、キーワードなど執筆の努力量で実現できる方法とは、別次元の何かが機能しているようだ。

やはり外部評価のスコアリングが効いていそう

上で述べた短文上位の例では、Googleは検索キーワードごとに、長文を重視するか、軽視するのかをスイッチしているのか?
あるいは、そこに実際のアクションがとれる、正常に機能するスクリプトがあるかを判断しているのか?

そんなことをするより、クローラーによる外部リンクのカウント精度を上げたほうが、理想的な検索結果となるはず。

つまり、上位表示される基準は、人が訪問して役に立つか否かが重要であるという基本に立ち返る。

長文SEOがオワコンと言われる理由

長文だけでは外部リンクを獲得するのが容易ではなくなった

GOOGLE NY OFFICE

そもそもGoogleは、そのページの文字数あるいは単語数をカウントし、長文か否かというアルゴリズムを導入していない。そんななか敢えてオワコンと言われる理由は、もはや長文では外部リンクを獲得するのが、時代的に容易ではなくなったということである。

長文による膨大な情報量の執筆は、先行者こそ多大な労力を伴ったが、その後に続いた者はこれをリライトしただけの箇所も文字数に含めることができるので、加筆や再編集があったとしても比較的少ない労力で書き上げることができる。

こうやって大量の長文ページが生み出されるなかでは、膨大な情報量に対しつまらない文章化を行ったコンテンツでは誰も外部リンクをしてくれなくなった。これが「長文SEOオワコン説」の本質である。

長文かつ目的に早く辿り着ける目次付きブログ

訪問者のポジションから見れば、長文は目的の情報まで辿り着くのに、読む労力と時間が掛かりすぎるというデメリットがあった。これを解消したのが目次付きブログである。

ワードプレスおいては、人気無料テーマのCocoonなどでも簡単に導入することができ、長文SEOを意識したブログには目次をつけることがトレンドとなった。

ただし、目次付きブログは、訪問者を「一般人」と「外部のブロガー」の場合の2パターンに分けて考えたほうが、その是非を問うのに相応しい

外部のブロガー、ライターが訪問者の場合

外部サイトのブロガーやライターが訪問するというケースは、ライティングのためのネタ探し、情報収集が目的と考える。当サイト、ブログ学園では、彼ら外部ブロガーをペルソナに設定することをオススメしている。理由は、外部リンクを生み出すのは彼らであるからである。彼らに情報提供をし毎日巡回してもらうことが、価値のある外部リンクを獲得する効率の良い方法の一つと考える。

その外部ブロガーのニーズに応える文章とは、情報の量×質の総量である。そしてGoogleが発表している「専門性・権威性・信頼性」(略称 E-A-T)これがあると記事ネタのソースとして使いやすく、毎日巡回してもらえるサイトになる。これらをパソコン表示画面のファーストビュー(Above the fold)で表現できていることが理想となる。

Above the fold
Above the foldの説明画像

しかし、多くの目次付きWordpressテーマでは、このファーストビューに目次が面積の多くを占めてしまう。外部ブロガーである訪問者は、目次を見て網羅性については、ある程度の察しがつくかもしれないが、「専門性・権威性・信頼性」までは伝わらず、ブログのネタとして使えるサイトなのか一目で判断がしづらい。

なにより目次付きの流行テーマをそのまま使ったページであれば、「またライターが適当にリライトした量産ページか」という印象になってしまう。このようなサイトを毎日訪れて自分の記事ネタにしたいとか、リンクをしようとは思わない。

同業ブロガーをファンに取り込むには、PC表示のファーストビューにおいて「専門性・権威性・信頼性」そして情報の量と質を表現することが重要と考える。特にサイト開設初期における外部リンクの獲得を重視したい段階では、ファーストビューの目次設置は避けるべきという判断も合理性がある。

一般ユーザーが訪問者の場合、目次付き長文ページは有効

一般ユーザーのサイト訪問理由は、疑問の解決が典型的パターンであり、これに対する答えを的確に早く伝えることが必要である。目次を付けることは、このことを非常に助ける。

SEO的条件や情報量を満たすための長文と、ユーザビリティのバランスを考えると、目次付きのテーマ設定は、一つの解ではある

タイトルとURLをコピーしました