SEO初心者からできる専門性アップ、3つの具体的実践法

グーグル推奨E-A-Tの一つ「専門性」をブログに取り入れる

今回は、ブログの専門性アップ術について話していきます。

GoogleはE-A-Tとして、検索品質評価ガイドラインを示している。この中のE(Expertise)は、専門性を意味し、Googleは専門性が高いサイトを検索結果で上位表示させていくとしている。

専門性

では、この専門性を上げるにはどうしたらよいか。

クルマ専門ブログからの広告収入で生計を立ててきたネルが説明していきます。

まずは、最初にネタバレ。ブログ入門者や初心者からでもできる具体的手法です。

SEO初心者からできる専門性アップ、3つの具体的実践法

  1. 冒頭は「専門家の肩書き」または「頑張って調べました」をアピール
  2. ジャンル名、サイト名、ドメイン名に一貫性を持たせた特化ブログにする
  3. キュレーション的な長文SEO

以下、くわしく説明していきます。

冒頭は「専門家の肩書き」または「頑張って調べました」をアピール

その道の専門家や元専門職である場合は、そのことをブログ内のあらゆるところで記述するべきです。もっと言えば、全記事の序盤に専門家であることを説明する「簡潔な肩書き」を書くということです。

わかりやすい肩書きが無くても「〇〇が気になって、3日徹夜で調べあげたので、まとめておきます。」ぐらいの勢いで冒頭は始まりたい。

ジャンル名、サイト名、ドメイン名に一貫性を持たせた特化ブログにする

一つの専門分野を決めて、そのドメインからは、そのジャンルに関することだけに特化して発信するのが専門性を高める基本になります。

このサイトを例にすると、

ジャンル名「ブログ
サイト名「ブログ学園」
ドメイン名「blog-gakuen.com」

となっていますが、これら3つの要素が「ブログ」というジャンル名で筋が通っているのが重要です。これはドメインを取る前段階で決定しておくのが理想ですが、後で変更することもできます。

何れにせよ少ない労力で簡単に専門性を上げれる手法ですのでやっておかないと損です。

キュレーション的な長文

グーグルは「キーワード分析」と「リンク観測」の2つを使う

GoogleはWebページの専門性の判断を大きく2つの方法で行っている。
一つはキーワード分析によるもの、もう一つはドメイン内外のリンク観測によるもの。これら2つは仮説ですが、専門性判断のベースにあることをまずご理解いただきたい。

キーワード分析による専門性の評価を高めるには

GoogleはWebコンテンツのテキスト部分を単語レベルに分解し、これらの意味を理解する。検索キーワードの単語そのものだけでなく、共起語、関連語の存在についても確認していく。さらに、単語レベルの分析は、そのページにリンクをしているリンク元ページにも及ぶ。

これらのことが意味するのは、ターゲットとなるキーワードが連呼されただけでは専門性の評価は上がらないということ。そして、共起語、関連語の存在が重要であることです。

つまり長文SEOをやるべし、しかし…

ブログ初心者でも実践しやすいように、もっと具体的に言うと、「長文SEOをやれ」ということである。長文を書けば自然と関連語、共起語が含まれていく。

昨今のトレンドでは、1記事あたり1000文字ではコンテンツが少ないと、ブロガー界隈では多くの人が感じるはず。2~3000文字は最低限で、1万文字でも驚くほどでもない。

ただし、勘違いしてはいけなのは「文字数が基準ではない」ということである。Googleはページ内文字数を評価の対象にしていないと明言している。何文字未満がNGで、何文字以上がOKという思考を回しがちであるが、これを多くの人がやってしまい本質から外れてしまう

長文SEOは頭の中だけで作文するな、調べて書くべし

前述の「長文SEOをやれ」だけでは、いろいろと伝わっていないことが多い。以下のキュレーション的な手法と組み合わせることで、長文は初心者が書いても自然とSEO的に理想的な文章になる。

記事執筆を独自コンテンツに拘ることは、まず大前提として大切なことである。ただし、自身のアタマの中だけに存在する情報に頼って文章を作成しても、実際には効率的に共起語、関連語が文章中に含まれていかない。同じジャンルの他のサイト、他のブログを読み勉強しながら書くことが重要である。

つまり情報を集めて、キュレーションをしていくことを執筆のなかで取り入れることで、結果的により多くのボキャブラリーが使われ、共起語、関連語のバリエーションが効率的に増えていくことになる。

外部リンクによる専門性の評価を高める

上記のキーワード分析の判断基準だけでは、共起語、関連語をとにかく文章内に詰め込んでおけば、意味不明な文章や、つまらない文章、読者のニーズに応えていない文章でも評価が高くなるという現象が生じる。

この欠陥を解消するのが、「リンクによる専門性の評価」である。Googleによって外部リンクが全く観測できないページは、ゴミ記事と判断される。正確には、判断の対象にすらなっていない。特に競合ライバルの多いキーワード検索結果では、上位表示されることは無いだろう。

先に、初心者でもできる方法として長文SEOを挙げたが、そもそも外部リンクを獲得できるような内容がなければ、労力をかけて長文を書く意味は無い

その外部リンクを獲得できるようなコンテンツを、初心者でも比較的簡単に作る方法こそが、キュレーションを取り入れるということである。ただし、ひと目で分かるようなキュレーションサイトが今の時代、外部リンクを集めるとは思えない。執筆作業のなかの中間製品として、キュレーションが行われていることが大事。最終製品として執筆者本人によるオリジナルの文章で全体が構成されていなければならない。

専門性があるから外部リンクが得られる

ここまでの「外部リンクによる専門性の評価」というのは、Googleの観点に立った見方であった。これとは逆に我々ブロガーの立場から見ると「専門性があるから外部リンクが得られる」となる。

以下の原因と結果の関係を理解していただきたい。

(原因)ブロガーが「専門性を感じさせる」コンテンツを制作する。

読者が専門性を感じ、外部リンクを向けた。

(結果)グーグルが外部リンクを認識し、そのページに価値があると判断した。さらにキーワードを分析すると共起語、関連語が多く含まれ、専門性が高いことが想定される。よってスコアを高く設定した。

タイトルとURLをコピーしました